毒親との戦い方

死ぬほど嫌なことがあったときの対処法-現在編-

死ぬほど嫌なことがあったときの対処法-過去編-の続きです。

前回は、過去に嫌な事が起きて今も辛い気持ちになっているなら、当時押し殺してしまった感情をいま開放すると、過去の傷は自然と消えていくよという内容でした。

そこで今回は、まさにいま「嫌なことが起きて辛い!」と感じているときの対処法をお伝えします。

これも前回と同様、今すぐ誰にでも簡単にできる方法ですよ。

 

重要なのは常に答えを自分に聞くこと

ある日突然、嫌なことが起きてしまった!

人は本能で苦痛な状況から逃れようとするため、辛い現実から逃げたり、感情に蓋をして押し殺そうとします。

もちろん嫌なことが起きた直後は、逃げても蓋をしてもいいですよ。

落ち着いて自分と向き合えるようになったらやってください。

それでは進め方です!

 

STEP1:自分自身にいまの感情や気持ちを聞く

自分で自分に聞いて、返って来た答えの通りの行動します。

1:自分に聞く
  • 嫌な事が起きたけど、いま私はどうしたいの?
  • 嫌な事が起きたけど、いま私は何をしたい?
  • 嫌な事が起きたけど、いま私はどう思ってる?
2:返って来た答えに従う
  • 答えが「ムカつく!」なら、とことんイライラする。
  • 答えが「泣きたい」なら、泣きまくる。
  • 考えたくないなら、一旦考えるのをやめる。
  • 出来事に対して「嫌だ!受け入れたくない!」なら、今は受け入れないでおく。
  • 暴飲暴食したいならする。

このように、返ってきた答えの指示に従います。

yuyu
yuyu
自分のことは自分が1番わかっているので、自分に聞くと100%正しい対処法を教えてくれますよ♪

ただし!ここで1番やってはいけないことがあります。

  • イライラしちゃダメだ
  • 泣いちゃダメだ
  • 受け入れなきゃいけない

と、自分の感情を否定すると余計ややこしくなるので、それは避けて下さい。

◯◯しなきゃいけない、◯◯しちゃダメと、自分を律する必要はないんです。

STEP2:「悩むの飽きたー!」のサインを待つ

人は本能で、嫌なことをやり続けることが出来ないように作られていので、そのうち悩むことに飽きます。

必ず100%飽きるときが来ます。

飽きたよサインの例
  • 引きこもってたけど、ちょっとコンビニでも行こうかな。
  • 今日はヤケ酒じゃなくて、カフェでコーヒー飲もうかな。
  • そろそろ幸せになりたいなぁ。
  • そろそろまた大声で笑えたらいいな。
  • 友達なんて絶対作らないと決めてたけど、友達がいるあの人がなんか羨ましいな。
  • 絶対結婚なんてしないと決めてたけど、そもそもなんで結婚したくないんだろう?

というような感情が出てきたら「悩むの飽きた!」のサインです。おめでとうございます♡

STEP3:嫌な出来事を検証する

ここでようやく出来事と向き合います。

次に注意することは、出来事に対しては必ず

  • 主役:自分
  • 脇役:相手、他人、出来事

で検証を進めて下さい。

この逆の「主役:相手」にすると、さらに傷が深くなって何年も引きずる原因となります。

×主役を相手で考えるとは
  • なんであの人は私にこんな酷い事をしたの?
  • なんでもっとこうしてくれなかったの?
  • なんで止めてくれなかったの?
○主役を自分にするとは
  • あの時私はどう思ったの?
  • あの時私は本当はどうされたかったの?
  • 私はどうしてそれを辛いと思ったの?

この違いになります。

今あなたを生きてるのはあなたです。その出来事で、嫌な気持ちになったのは自分。辛かったのも自分。苦しんだのも自分ですよね。

相手を主役にしても答えは相手しか持ってないので、正しい答えを知ることはできません。

でも、自分を主役にすると当時の自分の本音が出てきます。

あなた
あなた
本当は◯◯されたかった。本当は◯◯って言って欲しかった。○○になるなんて思わなかった。

という本音が出てきたら最後の作業!

辛い過去を希望のものに上書き保存していきましょう♪

STEP4:本音をやり直して上書き保存

STEP3で出た本音通りにやり直します。

例)

  • 本当はもっと大切にされたかった
    →自分で自分を大切にしてあげる。
  • ○○さんに大丈夫って言って欲しかった
    →○○さんに変わって自分で自分に大丈夫って言ってあげる。

これが過去のやり直しになります!

この1~4を繰り返すことで、過去についてしまった大きな傷も徐々に癒されていきますよ。

傷が深ければ深いほど繰り返し作業が必要になるので、思い出して辛くなったたびにやってみてください。

 



まとめ:嫌な出来事から早く抜け出したいときは

  1. いまの自分の感情と向き合う。感情に逆らわない。
  2. 悩むの飽きたよサインを待つ。
  3. 過去の出来事と向き合う。

これが1番の近道となります!

ここでちょっと立ち止まって、その辛い理由と向き合ってみてください。

過去の痛みが消えると、幸せな未来がやってきますよ♡

続きはこちら

今回は「死ぬほど嫌なことがあったとき―現在編―」を解説しました。

続きになるこちらも合わせてぜひ!

 

関連記事はこちら

あなたが「死にたい」と思う原理と対処法【すごい心理学】「死にたい」気持ちをどうにかしたくて、このページに辿り着いたあなたへ。 自殺をする前に、10分だけこのページを読んで下さい♪ ...
あなたの自己肯定力が低い理由と簡単に上げる方法 ということを聞いたことはありませんか? 実はこれ本当なんです! でも自己啓発の本やネットを見ていると「自己肯定力は必...



ABOUT ME
木村裕子(ゆゆこ)
虐待で育った私が世の毒親問題をめった斬る!30歳まで母の教え「お前は幸せになってはいけない」を守り続けたおバカ。19歳で家出、34歳で親と縁を切るなどを経て現在良好な親子関係に。その経験を生かしてブログ更新中♪ →詳しい生い立ちサイト説明お仕事のご依頼・お問合せ

コメント投稿はこちら