毒親育ちのお悩み

毒親問題に向き合ってるのになかなか改善しない理由

みなさんから頂いた毒親相談の回答です。

※ご相談は不定期で無料募集しています!詳細はこちら

相談内容:はなみさん(30代・女性)

前回は回答ありがとうございました。

大学生までは自分の家庭に何も問題なかったと思っていたので、なかなか毒親という強烈なワードを受け入れるのが怖いところがあります。

ただ、自分に自信がなくて母親から離れられないのはその通りだと思います。

むしろ今は私が母を支配している時がある気がします。メンタルの調子が悪い時や私が激昂したりイライラした時は家族に頼りっきりになります。

母親に話を延々と聞いてもらう時もあります。経済的にも精神的にも生活力的にも親に依存している気がします。というか依存しているんでしょうか?

自分が子どもが産める内に自立できるのか不安でたまりません。心が弱気です。

 

前回のご相談内容はこちら

母がいないと生きていけない私はどうすればいいの?みなさんから頂いた毒親相談の回答です。 ※ご相談は不定期で無料募集しています!詳細はこちら 内容:はなみさん(30代・女性) ...
yuyu
yuyu
ご相談ありがとうございます♪
それではこの毒親問題をめった斬ります!

 



回答:努力の順番がズレていてもったいないです…!

今回の内容はバッサリいかせて頂きます!

まずはこちら。

はなみ
はなみ
経済的にも精神的にも生活力的にも親に依存している気がします。

と自身で気付いているのに、それを認めたくないことと自分の本音に目を向けたくないことから

はなみ
はなみ
依存しているんでしょうか?

と、他人の私に丸投げしてしまうのではと思います。

なぜなら他人に言われたことをやって失敗した場合、「○○さんが言ったから」と相手の責任に出来るからです。

これは過保護育ちが無意識にやってしまう罠でもあります。

yuyu
yuyu
そのため「いつもこうしてしまう私が悪いんだ…」と思うのではなく、「そっか。過保護育ちだからこうなるんだ。じゃぁここからどうすればいいんだろう?」と前を見てくださいね♪

ここで自分を責めることをすると、余計ややこしくなってしまいます。

 


なぜ依存をしてしまうのか理由を見つける

何かに依存している人は目の前のものと戦おうとしますが、そうではなく「そもそもどうして依存してしまったんだろう?」の理由を見つけることが解決の近道になります。

依存の仕組みはこちらの記事を参照して下さい。

人が依存する仕組みと今すぐ辞められる対処法人が何かに依存してしまう仕組みと原因を、日本1わかりやすく説明します! 依存から抜け出したい方、身近な人の依存を辞めさせたい方、そ...

依存の正体が理解できたら次に進みます♪

 

自分が依存していることを認めたくない理由

まずこちら。

はなみ
はなみ
むしろ今は私が母を支配している時がある気がします。メンタルの調子が悪い時や私が激昂したりイライラした時は家族に頼りっきりになります。

これは子供がそうなるように、親が何年もかけて作り上げた関係の結果なので、ここを心配する必要はないと思います。(親は無意識にこれをやっています)

詳しくはこちらの記事の「奴隷の作り方」を参照してください。

毒親とまともに会話が出来ない理由解説もう親と言い合いをしたくない。ちゃんと話がしたい。 私の意見を正しく聞いて欲しい! それなのに…それなのに………!! ...

 

「なぜ依存しているのに正しく状況を理解することができないのか」の理由は、毒親問題との向き合うときの努力の順番がズレている部分にあると思います。

ちなみにその原因も、前回と今回の2回分のご相談にすでに書いてありますよー!

 

努力の順番がズレている部分はここ

今回のご相談内容を整理すると

  • 自立できるのか不安でたまりません

↓だから

  • 母親から離れられません

↓なぜなら

  • 自分に自信がないからです。

あれ…??この質問内容は前回と同じ内容ということに気付けますか?

前回も今回も「自分に自信がない」ということを、カタチを変えて相談してくれているんです。

これはどういうことかというと

yuyu
yuyu
自分と向き合ってるフリをしている状態。

目の前の真実から目を背けて、自分自身から逃げてる状態です。

これは例えると、両足を骨折したまま全力ダッシュして「上手く走れません。どうしたらいいですか?」と聞いていることと同じ。

これはちゃんと現実を正しく見て、まずは骨折の治療と向き合えば、いずれ上手く走れるようになりますよね♪

このように、努力の順番がズレていることが原因だと思います。

 

努力の順番がズレてしまった理由

どうしてズレてしまったのか。

再び骨折で例えると、1番必要なリハビリは大変だし辛いから、後回しにして逃げている状況です。

これだといつまで経っても走ることはできません。

自信がない自分と向き合う事って、リハビリより辛いんですよね。

嫌なことを思い出したり、過去を振り返ったりしなくちゃいけない。

だから、向き合うべき問題を中途半端にして次の問題にすり替える。

でも根本は変わってないから、問題の答えも同じでいつまでたっても苦しいまま。

やってもやっても上手く行かなくってしんどいだけ。努力の空回り。

という状況が、いまのはなみさんだと思います。

 

せっかく今を変えよう、前に進もうとしてるのにもったいなくないですか?

心の問題の答えは、目の前の現実ではなくそうなった原因にあります。

原因とは、2度に渡って送ってくれた「自信がない」ですよね。

yuyu
yuyu
はなみさんがまずやることは、どうして自信がなくなったかの過去の出来事を自分と向き合って探すことからです。

そのためにはこれらの記事を実践してみてください。

あなたの自己肯定力が低い理由と簡単に上げる方法 ということを聞いたことはありませんか? 実はこれ本当なんです! でも自己啓発の本やネットを見ていると「自己肯定力は必...
自分で自分を大切にするには「主語を変えるだけ」日常でこんなことはありませんか? 自分の意見を伝えることができない いつも相手の意見を優先してしまう いつも相...

進めてく上でわからなくなったらまた聞いてくださいね♪

はなみさん、そろそろ幸せになってもいいんじゃない?♡

ご相談ありがとうございました。

ABOUT ME
木村裕子
虐待で育った私が世の毒親問題をめった斬る!30歳まで母の教え「お前は幸せになってはいけない」を守り続けたおバカ。19歳で家出、34歳で親と縁を切るなどを経て現在良好な親子関係に。その経験を生かしてブログ更新中♪ →詳しい生い立ちサイト説明お仕事のご依頼・お問合せ