毒親との戦い方

「人の振り見て我が振り直せ」を心理学で解くと全く別の意味になる

今日の内容は、心理学が好きすぎるがゆえに「あれ?この世間の常識って違うんじゃない?」と思った私のyuyu論です!

個人的な見解も入っていますが、基本的には心理学に沿って出した答えになります。

そのため「いや、それは違う!」と感じたら、無理に受け取らずに内容はスルーしてくださいね♪

 

辞書の意味と一般的な意味

ことわざで「人の振り見て我が振り直せ」ってありますよね。

辞書を引くと意味は

 他人の言動のよしあしを見て、自分の振る舞いを反省し、直すべきところは改めよという教え

と書いてありました。

この意味に対しては、その通りだよね♪って思っています。

 

ですが!!!

「あれ?それは変じゃない?」と感じたのは、世間一般の受け取り方にあります。

世間的な認識を言葉にすると、

他人の行動で悪い所を見つけたら、自分も同じことをしないように気を付ける。

とだと思うんですが、これは心理学に反しています!

 

一般的な意味の矛盾点

心理学の基本中の基本には

  • 価値観は全員違うことが正解である
  • 相手の善悪を決める権利は自分にはない

-yuyu流に要約-

というものがあります。

この基本を一般的な意味に当てはめると

  • 相手の行動に善悪を付けてる
  • 相手の価値観を否定してる
  • 自分の価値感が正しいと決めつけてる

あれれれ?おかしい。矛盾だ!

どうしてこういう解釈になったんだろう?

その答えが知りたくて、自分の中で考えてみました。

 



人が他人に善悪を付ける手順

その答えは、人が他人に善悪を付ける過程にありました!

人が善悪を決めるときは、その人が正しいと思い込んでいるものが基準になります。

Aさん・Bさん:人は失敗しても大丈夫、を正しいと思い込んでいる。

Cさん:人は失敗してはいけない、を正しいと思い込んでいる。

とすると、

Aさん
Aさん
この前、大勢の人の前で失敗しちゃった~!(笑)
Bさん
Bさん
まじでー!ウケるー♪
Cさん
Cさん
へ、へぇ~…。そうなんだ。

【心の声】なんでコイツは失敗したことをヘラヘラ笑って話してるの?ほんとこういう人って迷惑。私はこうならないように気を付けよう!

というように、自分自身の物差しを基準にして他人の善悪を付けています。

そしてCさんは自主的に、一般的な意味の人の振り見て我が振り直せをやっています。

面白いですよね。人の価値観の基準って。

 

ではさらに、Cさんがこの思い込みによって生き辛さで苦しんでいるとします。

「人は完璧でなければいけない」を基準にしている人はたいてい

  • 人に嫌われるのが怖い
  • 失敗したら人生終わり
  • 失敗しても誰も助けてくれない
  • 失敗したら自分を責めなければいけない

みたいな自己暗示をかけて苦しんでいることが多いので、そんな自分を変えたいという願望を持っているとします。

そうすると、CさんにとってAさんは救世主になるんです!

yuyu
yuyu
Aさんは自らの実体験で「人は失敗しても大丈夫だよ♡Cさん、早く目を覚ました方が人生ラクだよ~!」と教えてくれているからです。

それではこれを、ことわざに当てはめて検証します。

 


ことわざの本当の意味

ことわざ
人の振り見て我が振り直せ

辞書の意味
他人の言動のよしあしを見て、自分の振る舞いを反省し、直すべきところは改めよという教え。

本当の意味
  • 他人の言動のよしあしを見て

→他人の言動に良し悪しを見たら

  • 自分の振る舞いを反省し

→どうして私はこれを「悪」と決めつけてるんだ?と自分の振る舞いを振り返り

  • 直すべきところは改めよ

→「あ!私は失敗してはいけないって思い込んでたけど、これって違ったんだ!」と思い込みを改めれば、あなたの人生はさらに豊かになるよ♡

という意味が、このことわざの真実なんじゃないかなって思います。

 

世の中に「許す」という言葉がある意味

最後に、心理学の基本中の基本事項をもうひとつ。

人は、他人に迷惑をかける生き物である。

他人に迷惑をかけない人は、この世に1人もいない。

だから世の中には「許す」って言葉があるんだと思います。

 

まとめのyuyu論!

「人の振り見て我が振り直せ」とは?

yuyu
yuyu
自分の悩みを直したかったら、他人の反応を見るといいよ。他人が解決方法を教えてくれてるから。

世の中はあなたが思うほど、悪じゃない

 

関連記事はこちら

世間が悪か善かを決めているのはあなたです私は10代のころ と、毎日毎日唱えるという暗黒ブラックな日々を送っていて、ノストラダムスの到来を心待ちにしていました(笑)...
ABOUT ME
木村裕子
虐待で育った私が世の毒親問題をめった斬る!30歳まで母の教え「お前は幸せになってはいけない」を守り続けたおバカ。19歳で家出、34歳で親と縁を切るなどを経て現在良好な親子関係に。その経験を生かしてブログ更新中♪ →詳しい生い立ちサイト説明お仕事のご依頼・お問合せ