毒親との戦い方

【解毒講座④】内容を真似するだけ!毒親の呪いをセルフカウンセリング

木村裕子
木村裕子
虐待とネグレクトで育った私が、あなたの毒親問題をめった斬ります!

全6回に分けて「毒親の呪いをセルフカウンセリングで解毒する」やり方を教える解毒講座、今回は4回目で、いよいよセルフカウンセリングのやり方を教えます。

ぜひ一緒にやってみてね♪

解毒講座メニュー
  1. まずは基本!「解毒」とは?
  2. 愛され育ちと毒親育ち、たった1つの違いとは?
  3. 奴隷関係を断ち切ろう
  4. セルフカウンセリングのやり方←今回はコレ
  5. セルフカウンセリングのコツ一問一答
  6. 最後の砦!「正しいルールで生きる」とは?

それでは、解毒スタート♪

 

毒親相談は「無料毒親相談メールフォーム」より随時募集しています。

セルフカウンセリングの必勝法とは?

いよいよ実際に解毒作業に入りますが、まだ解毒講座1~3を読んでいない方は、必ず1から始めるようにして下さい。

セルフカウンセリングを上手く進めるには、2つの事前準備が必要になるからです。

事前準備とは?
  1. 基礎知識の理解が必須
    →「なぜ解毒が必要なのか?」「自分は現在どのレベルなのか?」を理解しないと次には進めない。
  2. 毒親の呪いや洗脳を解いてから
    →呪いがかかったままだと、いくらセルフカウンセリングを進めても上手くいかない。

この2つをクリアしないとスムーズに進まないため、必ず最初から始めて下さい。

 

セルフカウンセリングのやり方

まず用意するものがあります!

必ずノートを一冊用意して下さい。どんなノートでも構いません。

それではノートを広げて一緒に初めてみましょう♪

①毒をすべてノートに吐き出す

毒親育ちは幼少期から毒親に植え付けられた毒が体内に溜まっていて、それが生き辛さを生む原因になっています。

そのため体内の毒文字に変換して物理的に体の外に出すことが必要になります。

そこでまずはノートに、

  • 過去を思い出すと今でも心が痛くなるような出来事
  • 親から言われて傷ついたこと
  • 親にされてものすごく悲しかったこと

というようなことを、思いつく限りリストアップします。

1個でも10個でも、とりあえず出てきた限り書いて下さい。

参考になるように、私自身の例も挙げますね。

  1. 何も悪いことをしていないのに全てお前が悪いと言われた
  2. 汚いからと洗濯してくれない
  3. すぐ殴られた
  4. 殴られて反抗的な目をすると「悔しかったらお前も早く結婚して子供を産んで、自分の子を殴れ」と言われた

それではこれ以降は、「①何も悪いことをしていないのに全てお前が悪いと言われた」を見本として進めます。

キレイに書かないこと。汚い毒をそのままノートに出すように、殴り書き・読めないほどにグチャグチャな字で書くことがコツになります!

 

②この時に我慢した感情は?

次に、①で出たリストの1つに目を向けて、この時に我慢した感情は何かな?の答えをあげて下さい。

木村の場合
  1. 何も悪いことをしていないのに全てお前が悪いと言われた

    ↓これを言われた当時、我慢した感情は?
  2. 辛い、苦しい、ムカついた

この感情を出す作業を、①で挙がった1つ1つの出来事に地道にやっていきます。

 

③本当はどうして欲しかった?の本音

最後に、①をされた時の自分自身の本音を探ります。

木村の場合
  1. 何も悪いことをしていないのに全てお前が悪いと言われた
  2. 辛い、苦しい、ムカついた

    ↓本当はどうして欲しかった?
  3. 非を認めて欲しかった。言い返したかった。

これも②と同様に、1つ1つに答えを書き足して行くように進めます。

これで①~③の答えが揃いました!

 

④過去と向き合って心を治療する

心の治療は「辛い記憶の過去を、今ここでやり直す」ことで、傷が癒えて回復していきます。

そこで【現在の自分】が【過去の自分】をヨシヨシと抱きしめるイメージで進めます。

ノートを見ながら①~③で出た答えを順番に自分自身へ伝えて下さい。

木村の場合
  1. 何も悪いことをしていないのに全てお前が悪いと言われた
  2. 辛かった、苦しかった、ムカついた
  3. 本当はあのとき、親に非を認めて欲しかった。言い返したかった。

↑をこんな感じ↓で伝えます。

【①何も悪いことをしていないのに全てお前が悪いと言われ】て、【②辛かったよね。苦しかったよね。ムカついたよね】それなのによくやってたよね。【③本当はあのとき親に非を認めて欲しかったよね。それに私自身も我慢じゃなくて言い返したかった】よね。たくさん頑張ったね。よしよし♡

と傷を癒やすように、優しく丁寧に言ってあげてください。

実はこれ、カウンセラーさんのところへ行っても同じ作業をやります。

それを自分がカウンセラーになって過去の自分を誘導する。1人2役で進める。これがセルフカウンセリングになります。

 

どのくらい続ければいいの?

これは個人差があるので絶対とは言えませんが、まずは3ヶ月~半年を目標に続けてください。

セルフカウンセリングは最初の1ヶ月~3ヶ月が1番辛くて、そこを過ぎるとみるみるうちに心が癒やされて生き辛さが解消していきます。

ちなみに私は1年半ほどかかりました。

1番重要なことは「継続」です。

これさえ出来れば必ず人生は激変します。

まずは1日1分から、自分のペースで少しづつ進めてもらえたらと思います!

 



無料でご相談・質問にお答えします!

セルフカウンセリングはご自身でやる必要があるため、進めていくうちにわからないことが出てくると思います。

そんな時はぜひ無料毒親相談を利用して下さい。

相談方法は2つ!

  1. 無料毒親相談のメールフォームから送信
  2. 定期的に開催しているYouTube LIVEのコメントから質問

(※現在有料相談は無期限休止中です。再開の時はまたお知らせします。)

YouTube Liveの開催日は事前にTwitterもしくはチャンネルのコミュニティよりお知らせしています。ぜひ登録して頂ければ嬉しいです♪

毒親の呪いを自分で解毒!理解できたかチェックリスト

ご自身で進めやすくなるよう、進め方の一覧とチェックリストを作成しました!

毒親の呪いを自分で解毒 チェックリスト

↑こちらのページを見ながらやると、より理解力が増すと思います。ぜひ活用してね。

 


最後に木村ポイント!

それでは最後にまとめの一言を送ります。

木村裕子
木村裕子
実際にノートワークを始める人は、100人に10人。

実際に3ヶ月継続する人は、100人に1人。

人は「継続」が苦手な生き物なので、どうしても辛くて途中でやめてしまう人がほとんどですが、でも続ければ必ず心は回復します。これは絶対です。

なぜなら、私が解毒できた理由は1つだけ。継続したからなんです。

そのため休み休みでも構いません。コツコツと地道に続けることをおすすめします!

 

このページが理解できたら【毒親講座⑤】に進んでください。

↓今回の内容をYouTubeでもどうぞ♪

 

毒親相談は「無料毒親相談メールフォーム」より随時募集しています。お気軽に送ってね♪

ABOUT ME
木村裕子
虐待で育った私が世の毒親問題をめった斬る!30歳まで母の教え「お前は幸せになってはいけない」を守り続けたおバカ。19歳で家出、34歳で親と縁を切るなどを経て現在良好な親子関係に。その経験を生かしてブログ更新中♪ →詳しい生い立ちサイト説明無料オンラインサロン「毒親撃退塾!」お仕事のご依頼・お問合せ