毒親との戦い方

あなたの自己肯定力が低い理由と簡単に上げる方法

自己肯定力が高いと人生は楽勝になるよ!

ということを聞いたことはありませんか?

実はこれ本当なんです!

でも自己啓発の本やネットを見ていると「自己肯定力は必要ない」という情報もあって、なにが正解なのかわからなくなってしまいますよね。

そこでここでは、

  • なぜ自己肯定力が必要なの?
  • これがあるとどうなるの?
  • どうすれば自己肯定力を上げられるの?
  • 実は「自己肯定力は必要ない」という情報はただの”釣り”

ということをお伝えします!

実は世の中の全ての人が、もともとは自己肯定力を100%持っていたって知ってましたか?

そうです、あなたも100%持っていたんです。

それではこのカラクリをわかりやすくお伝えします。

 

自己肯定力とは

ひとことで言うと、自分で自分の価値を正しく見極められる力というものです。

これさえあれば仕事も人間関係もお金の悩みも、なにもかもが上手く周って人生楽勝になります。

さらにこれは、毒親との戦いで1番重要な武器にもなります!

 

どうして自己肯定力が必要なの?

あなたが現在、

  • いつも自分で自分を責めてしまう
  • 自分に自信がなくて意見が言えない
  • 周りの目が気になってしまう
  • 何かに依存していないと不安
  • 毒親にいつも言いくるめられる

などの場合は、1つの例外もなく全てにおいて自己肯定力が低いことが原因になります。

 

yuyu
yuyu
自分の価値を正しく判断できていないため、間違った自己評価に苦しんでいる状態です。

これ、どういう状況かわかりますか?

例えると、自分の両手で自分の首を絞めながら「息が出来ない!苦しい!助けて!」と言っている状況です。

↓こんな感じ。

ビックリするほど無駄なことをしていると気付きましたか…?(笑)

自分で両手を離せばいいのにできない理由、それは手を放すことが怖いと勘違いしているから。

もう何年もずーーっとこの状態をやっていたので、これが正しいと思い込んでるだけなんです。

↓こんな感じ(笑)

 

でも大丈夫!

どうしてこうなってしまったの?というカラクリが腑に落ちれば、もうこんな無駄なことはやらなくなります。

というか、やるのがバカらしくなります。

yuyu
yuyu
それでは、あなたにかけられた呪いを解いて目を覚ましていきましょう!

 



あなたはもともと100%の自己肯定力を持っていました

そもそも人は、1人の例外もなく自己肯定力を100%持って産まれています。

あなたの周りにこんな赤ちゃんはいますか?

  • 「いまお母さんは掃除で忙しそうだから、これが終わったら泣いてミルクが欲しいことを伝えよう」と気を使う赤ちゃん
  • 「生きるのが辛い。死にたい。舌を噛もう。」と自殺する赤ちゃん
  • 「幼児体系の自分が醜い!ダイエットしよう。」とミルクを半分残す赤ちゃん

いないですよね(笑)

笑いたいときに笑って、泣きたいときに大声で泣き叫ぶ。

本人に自覚はないと思いますが、自分の存在を100%受け入れて正しいと判断しているので、感じたままの自己表現をしています。

ですがその後の成長過程で、親や周りの人が自己肯定力をどんどん減点してしまいます。

  • 全てお前が悪い -10点
  • 何をやってもダメな子ね -15点
  • 良い大学に入らないとあなたに価値はない -20点
  • 〇〇ちゃんは出来るのに何で出来ないの? -10点
  • ほーら、お母さんの言う事を聞かないから失敗した -20点

※数字は適当

と、知らないうちにガンガン減点されて「私はそのままでは価値がない人間なんだ。」を正しいと思い込んでしまった結果がいまです。

↓こんな感じ!

yuyu
yuyu
これは間違った教育です。本当は全部嘘だったんです。嘘なのに信じてしまっただけなんです。

 

ではこの逆の場合。愛されて育つと自己肯定力が高い大人になります。

  • お片付け出来て偉いね! +10点
  • あなたが笑ってくれるだけでお母さんは幸せだよ♪ +30点
  • お手伝いしてくれてありがとう +10点
  • 失敗しちゃったの?大丈夫だよ次は出来るよ。 +20点

わかりますか?

毒親育ちは、ここが違ったんです。

肯定される子育てだったか、否定される子育てだったか。この違いです。

このたった1つの違いが、あなたがいま自己肯定力の低さに苦しんでいる原因なんです!

 

あなた
あなた
ということは、もう子供時代には戻れないから私は一生このままなの?

 

いいえ違います。

余裕で取り返しがつくので、ここからあなたの人生をガラッと変えちゃって下さい♡

 


低い自己肯定力を元に戻すたった1つの方法

あなたがどんな状況でも、自己肯定力が-1億%でもやり直すことができます。

もちろん過去に戻ることは不可能なので、いまここから自分で自分を育て直します

しかもこれ、とっても簡単!

 

yuyu
yuyu
今日から自分で自分を褒めて褒めて褒めまくって下さい♡

 

これだけ。たったこれだけです。これを1か月続けて下さい。

 

1か月後、あなたの自己肯定力が爆上がりする手順

  1. 今日から毎日の就寝前に、その日自分が出来たことを1つ褒めてください。
  2. 大きなことではなく小学生でも出来ることから始めます。
褒める内容の例
  • 朝7時に起きた私、偉い!
  • 会社に出社した私、すごい!
  • 体のことを考えて野菜を食べた私、超偉い!
  • 洗濯物を干した私、最高!
  • 自分を休ませるために仮病で有給使った自分、素敵!

という具合に自分で自分を褒めます。

最初は1日1つ、出来るようになったら1日2つ3つ…と徐々に増やしていきます。

慣れて来たら就寝前だけじゃなく、日常のちょっとしたこともいちいち褒めてください。

すると、勝手に自己肯定力が上がって一か月後には爆上がりしています!

 

yuyu
yuyu
あ。「そんなことで本当に上がるの?バカにしてるの!?」って疑ってますね?(笑)

 

どうしてこれだけで爆上がりするの?

愛され育ちは幼少期、このように褒めらることにより無意識に自己肯定力が高い大人になりました。

毒親育ちはその部分が欠けているので、幼少期に褒められるはずだった出来事をいま褒めて過去をやり直します。

そのため、幼少期(小学生)でもできる内容を褒めることが必要なんです。

やり直して、過去を上書き保存していく。

自分で自分を育てなおすイメージで、自分子育てをやってください。

 

上手くやるポイント

自己肯定力が低ければ低い人ほど、この作業をやると違和感が出てくると思います。

言葉では表しにくいのですが、胸のあたりがザワザワしたり、恥ずかしさで拒否したくなるような感覚です。

そうなると辞めてしまう方が多いですが、これは好転反応のため辞めずに続けて下さい。

 

どうしてこういう感情になるかというと、幼少期に毒親にかけられた呪いである「私は価値がない人間だ」という、これまでずっと守っていた思い込みが暴れている状態だからです。

 

あなた
あなた
私は価値がないんだから、自分で自分を褒めちゃいけない。だってお母さんがそう言ってたもん!ちゃんと守らなきゃ!

 

という、間違ってかけられた呪いが発動しています。

いいですか?もう目を覚ましてください。

 

yuyu
yuyu
その呪いは間違っています。嘘です。

 

正しくは、

 

yuyu
yuyu
あなたは間違った子育てを受けてしまっただけで、本当は存在するだけで自分も周りも幸せにする人です。

いままで我慢した分、苦しかった分、辛かった分、その100億倍の幸せを手にすべき人です!

 

今日から少しづつ。1日1褒めからやってみてくださいね♪

私も最初は違和感満載で上手くできませんでした。

でも続けていくとそれが習慣となって無意識に出来るようになります。

大丈夫。私もそうだったように、あなたも必ず変われます。

 

自分を褒める完璧なお手本をガチャピンがYouTubeでやってくれているので、こちらも参考にしてください☆

 

 

自己肯定力は必要ないと提唱する”釣り”

さいごにおまけです!

自己啓発の本やネットでたまに見かける「自己肯定力は本当は必要ない!」という情報。

その内容をよーく読み込んでみてください。

たいていこういうことが書いてあります。

自己肯定力(自信)がないという今の状態のあなたが、すでに完璧です。

もう完璧なので、わざわざ自信を付ける必要はありません。

自信は新たに付けるものではありません。「私は自信がある!」と思い込むだけで付きます。

 

これは「自己否定を辞めて、自分自身を認めましょう」「間違った思い込みを変えましょう」と言い変えているだけで、結局は自己肯定力の付け方を解説しています(笑)

もちろん、この解説の方がストンと腑に落ちる人もいるので、あなたにとってわかりやすい方を選んでくださいね!

 

どちらにしても自己肯定力は人生において必須になるので、今日から1日1褒めを初めてみてください♡

ABOUT ME
yuyu
虐待で育った私が世の毒親問題をめった斬る!30歳まで母の教え「お前は幸せになってはいけない」を守り続けたおバカ。19歳で家出、34歳で親と縁を切るなどを経て現在良好な親子関係に。その経験を生かしてブログ更新中♪ →詳しい生い立ちサイト説明お仕事のご依頼・お問合せ

コメント投稿はこちら