毒親育ちのお悩み

毒親から自立したいけど金銭面が心配。毒親育ちの私が1000万円貯めた方法

虐待とネグレクトで育った木村裕子が、あなたの毒親問題をめった斬ります!
今回はこんな人におすすめ
  • 毒親と縁を切りたい
  • でも貯金もないし将来の金銭面も不安…。
  • 楽しく1000万貯める方法を知りたい

毒親相談は「無料毒親相談メールフォーム」より随時募集しています。

↓Youtubeで見たい方はこちらへどうぞ♪

 

毒親と縁を切るときの最大の悩みは、お金

19歳で家出・35歳で親と縁を切った私ですが、当時の1番の悩みは「お金」でした。

万が一何かあったら。大病になったら。自然災害で住む家を失くしたら…。独身のため親と縁を切るとこういう時に頼れる人がいなくなるし、お金の問題って友人にお願いしずらいし、したくないですよね。

19歳で家出したとき「毒親育ちが自立するにはお金が必要だ」と痛感した私は、そこから必死で貯金を始めました。当時の目標は1000万円!

そして24歳の時、貯金額1000万円を達成しました。

達成までの内容
  • 期間は3年半くらい
  • 稼ぎ元は全て昼のバイト

私は何事も楽しくやりたい性格なので、カツカツの生活をしたとか惨めな思いをして達成したという内容ではありません。

このときに主にやったことは3つ。

やったことリスト
  1. やってて「楽しい!」と思えるバイトをかけもちした
  2. 生活固定費を見直した
  3. 月のおこずかいは全額財布に入れる

この3つは現実的なものなので誰でも実践できる内容だと思います。それではぞれぞれを詳しく解説します!

 

休職中や訳あって親元をすぐ離れられない人は「同居中の毒親からの攻撃を交わす効果抜群の対処法」を見てね♪

 

①やってて「楽しい!」と思えるバイトをかけもち

21歳~24歳当時は夢を叶えるためアルバイトで生活をしていました。バイトの職種ってめちゃくちゃたくさんありますよね。選ぶときの基準は、時給の高さ・内容などいろいろあると思いますが、私は「この仕事楽しい!」と思うかどうかを基準に選びました。

とはいえ自分にどの職種が合ってるかわからないので、ざっと求人一覧をみてピンと来たものを体当たりで応募。そのため20種以上のバイトを経験しています(笑)

そこで私が「楽しい!」と思えたバイトは、不動産屋とマネキン(スーパーの試食販売員)とケータリング(イベント会場などで出演者さんのお世話係)でした。

 

不動産屋は、色々な家の内見に行けること・部屋の図面を書く作業・数字を扱う作業が楽しい♪

マネキン(スーパーの試食販売員)は、毎回行くスーパーが違うこと・基本給+歩合なのでやる気アップ!

ケータリングは、主にコンサートの楽屋お世話係担当で、超有名ミュージシャンに携われることが史上最強に楽しいー!!!笑

 

やってて楽しい仕事は時間が経つのが早いです。もちろん「今日は行きたくないなぁ~」と思う日もありますが、基本的に仕事が苦じゃない。そのためバイト3つ掛け持ちでも、そこまで辛くなくやることができました。

「楽しい」と思える内容は人それぞれだと思います。1人作業がいい・旅行が好きだからそれ関係がいいなど、あなたの属性に合ったバイトやお仕事を選ぶことをおすすめします。

 

②生活固定費を見直した

これは1番重要だと思います。家賃・光熱費・携帯・ネット・食費など色々ありますが、まずはここを見直してみて下さい。

実は私は2軒のシェアハウスに住んだことがあります。大抵は敷金礼金などの初期費用が0円か、ほぼかからない所が多いです。光熱費やネットも込みという家もあります。しかも親の承諾サインが必要ないところがほとんどです。私は2軒とも免許書提示だけで住み始めました。

参考までに2軒の家賃をお伝えすると、

  1. 北千住駅(都内)、家賃4万円、初期費用5千円、連帯保証人なし、6畳ベランダ付き、光熱費5千円、ネット込み、ペット可。
  2. 東十条駅(都内)、家賃6万円、初期費用なし、連帯保証人なし、10畳ベランダ付き、光熱費ネット込み、ペット可。

元不動産屋でバイト経験がある私からみて、この条件でこの家賃は超超超超破格です!

 

最近は光熱費も契約会社が選べるし格安携帯もあります。当時は都内の賃貸で1人暮らしをしていて月の固定費は12万円で生活していました。もしあの時代にシェアハウスを知っていれば、固定費は10万円以下に抑えられたと思います。

 

③月のおこずかいは全額財布に入れる

みなさんは月のおこずかい管理はどのようにしていますか?

私はこの頃は3万円と決めていて、毎月1日にお財布に3万円入れて「ここからやり繰りする!」を守っていました。

20代前半で3万円ですが、友達とランチへ行ったり1人で飲みに行ったり服も買っていたので特別困ることはなかったです。それよりも毎月数千円ほど余っていました。

もちろんPC購入など大きな出費の時は貯金を下ろしていましたが、「目標!貯金1000万!」があったので、徐々に通帳の数字が増えていくことが楽しくて、自然と無理なく節約志向になっていたこともあると思います。

 



もっとラクに1000万貯めたい人へ

現実的で誰でも出来る1000万円の貯め方をお伝えしました。「え?もっとラクに貯める方法かと思った!」とか「好きなバイトを見つけるなんて無理だよ」と思った方にハッキリお伝えしますね。

 

そういう人に1000万円を貯めることは無理!((´∀`))

 

今回お伝えした3つは、ちょこっとだけ考え方ややり方を変えるだけの方法です。私はこの方法で25歳のときに1000万を貯めました。すると漠然とした将来の不安がかなり軽減されました。

 


まとめ

1000万円貯金はあなたが思っているほど難しくないと、過去の経験よりお伝えします。

ちなみに1000万円溜まったとき、面白いことを知りました。私は三菱UFJ銀行に預けているんですが、達成後に銀行から資産運用の営業電話がかかってくるようになりました(笑)年に1回程度ですが、キチンとお断りするとそれ以上しつこく進めてはこないので安心してください。

資産運用に興味がない方には何のメリットもありませんが、最初に営業電話があったときは思わず「へぇ~!!!」と思った出来事でした(笑)

 

全国の毒親育ちのみなさん、今回の内容が何かの参考になれば嬉しいです♪

 

↓今回の内容をYouTubeでもどうぞ♪

 

毒親相談は「無料毒親相談メールフォーム」より随時募集しています。お気軽に送ってね♪

ABOUT ME
木村裕子
虐待で育った私が世の毒親問題をめった斬る!30歳まで母の教え「お前は幸せになってはいけない」を守り続けたおバカ。19歳で家出、34歳で親と縁を切るなどを経て現在良好な親子関係に。その経験を生かしてブログ更新中♪ →詳しい生い立ちサイト説明お仕事のご依頼・お問合せ