毒親育ちのお悩み

毒親育ちが親の顔色ばかり伺うカラクリと対処法

虐待とネグレクトで育った木村裕子が、あなたの毒親問題をめった斬ります!
今回はこんな方におすすめ
  • 毒親から逃げるために家を出たい
  • でももし親を捨てたら、失うものがない親は人殺しをしそうで怖い
  • どうすれば犠牲者を出さずに家を出れますか?

毒親相談は「無料毒親相談メールフォーム」より随時募集しています。

相談内容:とんちゃんさん(20代・女性)

母が嫌いです。特徴は、一人っ子、友達なし、専業主婦、家事以外寝腐ってる、まともな会話が出来ない。

(新興宗教に20代くらいから入ってて、その神様がこう言ってるからとしか話さない)

一人暮らしして自立したいと言ったら縁切るとか結婚して出てくのが筋と言いつつ異性と会うとなると会わせようとしない、一般常識ない。

私は実家暮らしなのですが、家事を全部私に任せようとします。

母がひとりになったら失うものがないので人殺しをしそうです。

この状況でどうしたら犠牲者を出さずに家を出れますか?

 

ご相談ありがとうございます♪
それではこの毒親問題をめった斬ります!

 

文字で読みたい方はこのままスクロール、動画解説で知りたいはYouTubeを見てね♪

 



結論:嫌いと言いつつ親を大切にしている

先に結論です!

いまあなたが上手く行っていない原因は、本音と建前がごちゃまぜ状態になっているからです。

「親が嫌いだ!」と「親を大切にしなきゃ」を同時にやっている状態です。

車で例えると、アクセルとブレーキを両方いっぺんに踏んで、「どうして前に進まないの…?」と言っている感じ。

そりゃあ前には進まないですよね。

そこでまずはおさらいです!

毒親との戦いは優先順位を

①親 ②自分
①自分 ②親

にすることが基本になります。

 

残念ながら×をやっている限り、あなたは毒親に勝つことは一生できません。

そして現在とんちゃんは、×をやっています。

もしかすると「そんなことない!親が大嫌いだ!」と思うとかもしれませんが、ご相談内容から検証と証明をしていきますね!

 


犠牲者精神から抜け出すことが重要

あなたはまだ親の呪いと洗脳が解けていないので、自ら進んで「親の犠牲者で居続けなければいけない」をやっています。

とんちゃん
とんちゃん
もう親の奴隷をやめて幸せになりたい!

と言いながら

とんちゃん
とんちゃん
でも親が不幸にならないように私が犠牲者でいなくちゃ…。

と両方やっている感じ。

それを証明しているのかがこの部分です。

とんちゃん
とんちゃん
親が嫌いです!家を出て幸せになりたいです!

それなのに

とんちゃん
とんちゃん
でもやっぱり親は大切にしなきゃいけないと思うんですよね。そこで私はどうすれば犠牲者になりながら幸せになれるか教えてください。

と言っています。

矛盾していることが伝わったでしょうか。

 

それではめった斬ります!

あなたが犠牲者をやっている限り、あなたも親も周りも全員が幸せになることはあり得ません。

 

そこで1つ質問ですが、

幸せになりたいの?まだ不幸を続けたいの?どっちですか?

 

「親の不幸は親が背負う義務がある」を知る

それでは「母がひとりになったら失うものがないので人殺しをしそうです。」についてですが、

人は過ちを犯したとき、その責任は本人が負う義務があります。

ですが毒親という生き物は、その責任や失敗を負いたくないため、全て子供に負わせる教育をします。

そのため子供は常に親をジーッと観察して、親に降りかかりそうな不幸があると先取りしてそれを背負おうとします。

あなたはその教育(洗脳)に今もかかっているため、

いよいよ自分の幸せのために1人暮らしを実行しようとしているときも

親の不幸も一緒に持って家を出ようと準備しています。

さっさと目を覚ましてください。

あなたの親は毒親です。毒親を大切にする必要はありません。

これが正しいルールです。

いま1番気がかりな「母がひとりになったら失うものがないので人殺しをしそうです」という部分だと思いますが、

ものすごく冷徹に事実だけを述べると

もし親が人を殺した場合、その罪を背負って償うのは親です。

あなたではありません。

それなのにどうして先取りしてあなたが罪を背負っているんですか?

どうしてあなたは自ら進んで犠牲者をやっているんですか?

 

もっと突っ込んだことを言いますが、

そもそも「母がひとりになったら失うものがないので人殺しをしそうです」というのは、あなたの妄想ですよね。

このようにあなたが犠牲者を続けている限り、あなたも親も周りも誰一人として幸せになることはありません。

 

まとめ

あなたが自分の幸せのために親を捨てて家を出るという今に至ったのは、親の子育てに責任があります。

その責任は親が負う責任です。

①親 ②自分
①自分 ②親

今日からこれ↑を意識してみてください。

そうすれば「親が人殺しするかもしれない」というのは、洗脳にかかっているからそう妄想してしまっているだけだと気付けると思います!

 

とんちゃん、そろそろ幸せになってもいいんじゃない?♡

ご相談ありがとうございました。

 

以上のことを動画でおさらいすると、よりわかりやすくなると思います!

 

毒親相談は「無料毒親相談メールフォーム」より随時募集しています。お気軽に送ってね♪

ABOUT ME
木村裕子
虐待で育った私が世の毒親問題をめった斬る!30歳まで母の教え「お前は幸せになってはいけない」を守り続けたおバカ。19歳で家出、34歳で親と縁を切るなどを経て現在良好な親子関係に。その経験を生かしてブログ更新中♪ →詳しい生い立ちサイト説明お仕事のご依頼・お問合せ