お知らせ・質問

教育虐待育ちの生き辛さ!今から幸せを取り戻す対処法

虐待とネグレクトで育った木村裕子が、あなたの毒親問題をめった斬ります!
今回はこんな方におすすめ
  • 10代の頃、教育虐待を受けた
  • 希望の進路に進めなかったことを後悔している
  • いまからやり直す方法を知りたい

毒親相談は「無料毒親相談メールフォーム」より随時募集しています。

相談内容:スイミングロボさん(50代・男性)

母親から教育虐待を受けました。

高校の時はトップの学校に行けなかったことを詰られ、大学の時は希望のところに行けず、まちづくりへの再受験を希望したものの許されませんでした。

30年経った今でも心に大きな傷を抱えています。

何回か母に言っても分かってもらえなかったことが苦しく、自殺すら考えました。

できることなら学び直したいですが、大学に聞いても門前払い。

やはり学ぶべき時に学ばなければならなかったと後悔ばかりです。

あの頃に時を戻して学び直したいです。

 

ご相談ありがとうございます♪
それではこの毒親問題をめった斬ります!

 

文字で読みたい方はこのままスクロール、動画解説で知りたいはYouTubeを見てね♪

 

回答:もうそれは親の呪いじゃないよ

教育虐待を受けて、親の希望する学校や会社に入れなかった人が陥ることがあります。

そのためあなたが辛いのは、おそらくこの2つのどちらか(もしくは両方)じゃないかなと感じました。

教育虐待の結果
  1. 未だに親の希望を叶えようと必死になっている。
  2. 親の希望を叶えられなかった自分を自分で責めている。

要するにあなたが辛いのは大学に入れなかったことではなく、自分で自分を責めていることが辛いんだと、正しく現実を見ることをおすすめします。

そのため冒頭からめった斬りますが、

「あの頃に時を戻して学び直したいです」の通り、もし時を戻して学びなおせたとしても、全く同じく苦しい未来がやってくるだけですよ。

それでは詳しく説明します!

 

自分で自分を責めていることが原因です

あなたは今も親の呪いを大切にしていて、親の奴隷を続けている状態だと思います。

そのため、

  • 親の希望を叶えられなかった自分は価値がない
  • 今からでもやり直して親の希望を叶えたい!
  • どうしてもっと頑張らなったんだ
  • 親に反した自分は自殺するべきだ

と、いまも親を第一に考えて自分を蔑ろにしています。

大切にするべき優先順位ですが、

①親 ②自分
①自分 ②親

いまあなたはをやっているから辛い。

そうじゃなくてにしてください。

 

戦うべき相手は、

自分vs親

自分vs過去の自分

いまをやっているため、に変えます。

そうるすと人生がスルスルっと上手く回り始めて行くと断言します。

 

それでは今の状況をわかりやすく置き換えると、

10代の時に親に「いい大学に入れなかったから、廊下で正座していなさい!」と言われて、そのまま30年ずっと正座を続けているような状態です。

それでもまだ正座を続けたいですか?

もうやめてもいいと思いますよ♪

 

まとめ

あなたが今も辛い理由は、親の希望を叶えられなかったからではありません。

受験に失敗した自分を、30年経った今でも責めているからです。

そのため必要なことは

自分で自分を許すこと

あなたを呪っているのはもう親ではありません。

自分自身です。

「親の希望を叶えられなかった自分」を自分で呪って責めているから辛い。

それよりもさっさと呪いを絶って、逆に親を呪い返すくらいのことをしてもいいですし、バチは当たらないので安心してください♪

 

スイミングロボさん、そろそろ幸せになってもいいんじゃない?♡

ご相談ありがとうございました。

 

以上のことを動画でおさらいすると、よりわかりやすくなると思います!

 

毒親相談は「無料毒親相談メールフォーム」より随時募集しています。お気軽に送ってね♪

ABOUT ME
木村裕子
虐待で育った私が世の毒親問題をめった斬る!30歳まで母の教え「お前は幸せになってはいけない」を守り続けたおバカ。19歳で家出、34歳で親と縁を切るなどを経て現在良好な親子関係に。その経験を生かしてブログ更新中♪ →詳しい生い立ちサイト説明お仕事のご依頼・お問合せ