毒親育ちのお悩み

虐待してきた毒親が改心!?信じていいのか不安という人へ

虐待とネグレクトで育った木村裕子が、あなたの毒親問題をめった斬ります!
今回はこんな方におすすめ
  • 毒親と縁を切ったあとまた繋がった
  • 罪悪感からか親が優しくなった気がする
  • でもまた再発するのではと不安

毒親相談は「無料毒親相談メールフォーム」より随時募集しています。

相談内容:ウニ納豆さん(20代・女性)

結婚を機に絶縁するか迷っています。

離婚後母の元で育ちました。

子供の頃は虐待を受けており…成人後家出したのですが、とあることからまた連絡を取らざるを得なくなりました。

しかし家出を気にしているのか、以前のような毒親っぷりはなりを潜め、むしろご機嫌を取ってきます。

しかしいつかまた幸せを邪魔されるのでは?と不安です。

周りからは心を入れ換えたのでは?と言われますが、許せない自分がいます。

親を許したい気持ちがあるが、許せない気持ちもあり、絶縁という手段を含めて親との関係を見直したいです。

(※質問は1人1つまでです。質問が複数あったため、2つ目の質問を削除しました。)

 

ご相談ありがとうございます♪
それではこの毒親問題をめった斬ります!

 

文字で読みたい方はこのままスクロール、動画解説で知りたいはYouTubeを見てね♪

 



回答:許すと認めるの違い

私も虐待育ちで大人になってから親と縁を切り、その後また繋がって改心したことが見えたため、「これが最後のチャンスだから」と伝えて、いま”やり直し期間”をやっています。

先に結論ですが、ウニ納豆さんは「許す」と「認める」を間違って解釈していることが原因だと思います。

 

そこで今回はこの3つ、

縁切り後にやり直しをする際の注意点
  1. 許すと認めるの違い
  2. 改心の見極めチェックポイント
  3. 今後の関係を決める

をお伝えします♪

それでは解毒スタート!

 


①許すと認めるの違い

虐待を受けた過去を許す必要はありません。

それなのに、「許さなきゃいけない」とやっていることが、自分を苦しめている原因だと思ってください。

その証拠がこの言葉ですね。

>親を許したい気持ちがあるが、許せない気持ちもあり、許せない自分がいます。

そのためあなたの本音は

ウニ納豆
ウニ納豆
親を許したくない!過去を許したくない!

になります。

ですがこれは当たり前のこと。

人として扱われなかった、奴隷をやらされていた、精神をズタボロにされた。

その過去を許せと言う方が間違っていると私は思います。

だって私たちは神でもマザーテレサでもないですもん(笑)

 

実は私自身も、母の過去の行いを許してはいません。

ですが認めてはいます。

 

この2つを辞書で調べてみるとこう書いてありました。

許すとは、不都合なことがないとすること。

認めるとは、見て、また考えて確かにそうだと判断する。

いや~、日本の辞書ってすごいですよね。作った人を大絶賛!

 

許すとは、過去をゼロにすること。

認めるとは、過去は過去として、ここからはリスタートにする。

ということになります。

 

そこでまずやるべきことはこれ。

周りの人が「親も心を入れ替えたんじゃない?」と言うから許さなきゃいけない、ではなく、私はどうしたいのか?と主役を自分にして問題に取り組む。

これが必要になります。

 

②改心の見極めチェックポイント

人は誰しも完ぺきではないので必ず過ちを犯します。

でも人には良心というものがあるので、「ハッ!」と衝撃的な気付きがあれば、目を覚まして改心していく生き物です。

おそらくあなたの親は、娘が家出をしたことに大ダメージと衝撃を受けて、自分自身と向き合わざるを得なくなったんだと思います。

そこで自分なりに考えて出した結果が、

>家出を気にしているのか、以前のような毒親っぷりはなりを潜め、むしろご機嫌を取ってきます。

という行動に表れていると心理学から推測します。

 

そこであなたがやるべきことはこれ。

  • 過去と現在を切り離して考える。
  • 過去の親と現在の親は別人だとして判断する。

ことが必要です。

そこで木村流の見極めのチェックポイントですが

  1. 自分に非があるときは「ごめんなさい」が言えるようになった。
  2. ケンカや衝突をしたときは、その場やその後でキチンと考えることが出来ている。(これを「向き合う」と言います)
  3. 価値観が違うことに対して、話し合うことができる。

この3つがクリアしていれば、改心したと判断してもいいと思います。

私はここを見て決めました。

 

③今後の関係を決める

とはいえ「また再発したら…」という恐怖心は無くならないと思うので、いまここで今後の関係を決めてみて下さい。

これは自分だけの独断で構いませんし、とりあえず決めてあとで変更しても大丈夫です。

私のときはこの3つを決めて、このうちの1つでも反すれば、次こそは永久に縁を切ると決めました。

①執行猶予期間を決める
1年再発するかどうかを見極める執行猶予を設ける。1度でも再発したら永久に縁を切ることにする。

②親に予告しておく
「私は過去を許したわけじゃない。もう一度チャンスをあげるけど、また同じことをしたら次はもう一生さよならだから」とキチンと伝えました。

③好き・嫌いをハッキリ伝える
執行猶予期間中の親の対応に対しては、「私は〇〇をされたら嬉しいけど、××は嫌だ」「そういうときは××じゃなく、〇〇と言って欲しい」など、私はこうされると嬉しいけどこうされると嫌だよ、をちゃんと伝えました。

執行猶予とはいえ、対人関係はお互いの歩み寄りが必要なので、私も私で努力した感じです。

このように今後の事を決めておくと、「また再発したらどうしよう…。」という恐怖心もグンと減ると思います。

ぜひここで一度立ち止まって、これらを参考に親子関係を見つめなおしてみてください☆

 

ウニ納豆さん、そろそろ幸せになってもいいんじゃない?♡

ご相談ありがとうございました。

お名前が美味しそうすぎて、ウニ納豆が食べたくなったので、今日の夕飯はお寿司にします♡笑chat]

↓私が母親に実際にやった1年をまとめた過去記事も参考にしてね♪

私が毒親との関係を対等にさせるまでの1年でやったこと というお悩みに「それ、親はあなたをねじ伏せるために確信犯でやってますよ。」という理由と対処法を「毒親とまともに会話が出来ない理由...

 

以上のことを動画でおさらいすると、よりわかりやすくなると思います!

 

毒親相談は「無料毒親相談メールフォーム」より随時募集しています。お気軽に送ってね♪

ABOUT ME
木村裕子
虐待で育った私が世の毒親問題をめった斬る!30歳まで母の教え「お前は幸せになってはいけない」を守り続けたおバカ。19歳で家出、34歳で親と縁を切るなどを経て現在良好な親子関係に。その経験を生かしてブログ更新中♪ →詳しい生い立ちサイト説明お仕事のご依頼・お問合せ