毒親育ちのお悩み

毒親と距離を置いてもフラッシュバックが消えないときの対処法

yuyu
yuyu
虐待とネグレクトで育った私yuyuが、あなたの毒親問題をめった斬ります!
今回はこんな方におすすめ
  • 毒親と距離を置いています
  • もう攻撃されないとわかっているけど
  • ふとしたとき思い出して辛い(フラッシュバック)

毒親相談は不定期で募集しています!相談方法は「無料毒親相談のお申し込み方はこちら」へ。

相談内容:きゅーなさん(30代・女性)

母がいわゆる毒親でした。

家庭環境に理解ある旦那と巡り合う事ができまして、4年前に結婚して平穏な毎日を送っています。

結婚を機に母との繋がりを断ち切りたくて、3年前に実家に置いてあった荷物を片付けに行った日を最後に、一方的ですが一切の連絡手段を断ち切りました。

もう安全な場所に居ますし、ここに母が来ることはないと思います。

しかし、たまに昔のことが頭をよぎり、精神が不安定になってしまいます。

母がここへ乗り込んでくるのではと、恐怖に震えてしまいます。

暫くすると落ち着きますが、こういった気持ちを消すことはできないのでしょうか。

セルフカウンセリングで、上手く付き合って行ける方法がありましたら、教えて下さい。

 

yuyu
yuyu
ご相談ありがとうございます♪
それではこの毒親問題をめった斬ります!


回答:物理的・心理的の違いと、誤作動の直し方

今回のご相談は、フラッシュバックについてですね!

フラッシュバックとは、人が安全に生きるために本能で最初から付いている機能なので、実はゼロにすることはできないんです。

でもセルフカウンセリングで、回数を減らすことはできます!

 

例えば。

地下室にいるときに大地震が起きて3日閉じ込められて、命に関わるほどの恐怖を体験した場合、その後地下室へ行くと

フラッシュバック
フラッシュバック
警告!警告!また大地震が起きたら今度こそ死ぬ!あのとき、こんなに怖い思いをしたでしょう!?

と、当時の恐怖を思い出させて、また同じことにならないように自分で自分を守る機能、それがフラッシュバックです。

だから悪いものじゃないんですけど、もうこの警告は必要ないのになぁってときがありますよね。

その状態はわかりやすく例えると、「警告アラームが誤作動を起こしている」状態だと思ってください。

 

今回の場合は、物理的にはもう大丈夫だと理解していますが、心理的な部分が誤作動を起こしている状態です。

さきほどの自身の例に当てはめると、

耐震のある地下室だから大丈夫だとわかっているけど(物理的)、でも当時の恐怖を考えると(心理的)やっぱり怖くなる。

と言えば伝わりやすいでしょうか。

 


警告アラームが誤作動をしたら

そこで対処法ですが、これはもう心が安心するまで言い続けるしか方法はありません。

警告アラームが誤作動を起こすたびに、正しい情報を自分に伝えます。

今回の場合で伝え方の例をあげると

きゅーな
きゅーな
あのとき親に〇〇されて辛かったよね。でももう大丈夫だよ。私を守ってくれる家族がちゃんといるよ。
きゅーな
きゅーな
万が一親が乗り込んで来たら、〇〇して、△△して対応しよう!だから大丈夫だよ。

と、何度も何度も自分に伝えることが、フラッシュバックの数を減らす方法になります。

 

あともうひとつ特効薬があって、内容に書いていないのでちょっとわかりませんが、旦那さんにはそのことは伝えていますか?

「家庭環境に理解ある旦那さん」とあるので伝えても問題ないかと思いますが、もし1人で抱えているならこう伝えてみて下さい。

  • たまにフラッシュバックが来て辛くなること
  • 旦那さんにも「もう大丈夫だよ」と言ってもらう
  • もし一緒にいる時にフラッシュバックが起きたら、〇〇して欲しいと伝えておく(手を握って安心する言葉をかけて欲しいなど)
  • 心の傷を一緒に手当するイメージです!

これをやると、倍速で傷が治って行きますよ♪

心に傷をつけてくるのは人ですが、その傷を治してくれるのもまた人だからです。

 

フラッシュバックの対処法は、こちらの過去記事も参考にしてみてください☆

きゅーなさん、そろそろ幸せになってもいいんじゃない?♡

ご相談ありがとうございました!

 

メッセージへのお返事

きゅーな
きゅーな
こちらのブログを知ってまだ数日です。これから過去記事にも目を通したいと思います。
yuyu
yuyu
ようこそいらっしゃいませ♪文中に、おすすめの過去記事をピックアップしておきました☆
ABOUT ME
yuyu
虐待で育った私が世の毒親問題をめった斬る!30歳まで母の教え「お前は幸せになってはいけない」を守り続けたおバカ。19歳で家出、34歳で親と縁を切るなどを経て現在良好な親子関係に。その経験を生かしてブログ更新中♪ →詳しい生い立ちサイト説明お仕事のご依頼・お問合せ

コメント投稿はこちら