感想など

このブログを読んで涙が出たらチャンス!その部分をメモしてみてね。

yuyu
yuyu
虐待とネグレクトで育った私yuyuが、あなたの毒親問題をめった斬ります!
今回はこんな方におすすめ
  • このブログを読んで「泣いてしまった」という方が多いので
  • なぜ涙が出てきたのかを解説します!

毒親相談は不定期で募集しています!相談方法は「無料毒親相談のお申し込み方はこちら」へ。

相談内容:ひろみさん(40代・女性)

私は、両親共に毒親で、ずっと苦しかったです。常にお互いに人のせいにして、離婚すると言いながら実行せず、しまいには子供せいにして。

アスペだと大人になって診断を受け、生きにくい理由のひとつが見つかりましたが、うつは良くなったり悪くなったり。思考の悪い習慣がなかなか抜け出せません。

自分と同じ思いをさせたくないので、この春離婚して、娘は元夫が面倒をみています。

今日初めてこのサイトを見ました。今まで、理屈ではわかっていてもなかなか実践できなかったことが、分かりやすく書いてありました。

読みながら、涙が止まりませんでした。

ずっと逃げていたことですが、向き合ってみようと思います。

いい機会をくださって、ありがとうございます。

yuyu
yuyu
ブログの感想をありがとうございます♪


回答:このブログを読んで涙が出るワケを解説します!

今回はご相談ではなくこのブログを読んでの感想を送ってくださったので、お返事をさせていただきます♪

「親の離婚を子供の責任にする」って、子供側からするとほんっっとムカつきますよね。

よく美談のように言う大人のセリフってあるじゃないですか。

子供のために成人するまで離婚は我慢している。

みたいなやつ。

私はこのセリフを聞くと「目の前の現実から逃げるために、子供を利用していい人演じてるだけじゃん?」って思っています♡(笑)

さて、このブログを読んだ方から「涙が止まりません!」とか「大泣きしました」とよく感想を頂くので、なぜそうなるか?を今回は説明したいと思います!

 


人は本音に触れると涙する

このブログを読むと涙が止まらなくなる!!という現象を言葉で表すと、「今まで抑圧しまくっていた感情が爆発したから」になります。

心の奥底に閉じ込めていた、我慢・憎しみ・辛さ・苦しさ・怒りなどが、涙となって体の外に出てきたと言えばわかりやすいでしょうか。

きっとこういう方は、

  • 言いたいことを言わずに我慢する人
  • 自分で自分を責めまくっている人
  • 自分を褒めることが出来ない人
  • 私さえ我慢すれば…という人
  • 出来る事なら今すぐ死にたい人
  • 何かに対してものすごい憎しみを抱えている人

などがあてはまると思います!

そして人が「辛い・苦しい・生き辛い」という感情になる理由は、何かしらの本音を押し殺していることが原因になります。

個人的には、これが100%の原因だと思っています。

その押し殺している「何かしらの本音」に触れたとき、人は勝手に涙を流すんです。

もしもこの涙がセリフを話すなら、きっとこう言うはず。

涙くん
涙くん
そう!それ!いま触れたそれに注目して!!それを解決すれば、私はラクになるよ!

そのため、このブログの中のどの文章を読んで涙が出て来たか?がカギを握っていると思ってください。

 

例えば、「毒親育ちのあなたは何も悪くない」という文を読んだときに涙が出たら、その部分をセルフカウンセリングで掘り下げれば、心の傷が癒えてラクになれるよ!という合図です。

そこで涙が溢れてしまった箇所をメモしていくと、今ひろみさんが向き合うべき点が見えてくると思います。

 

毒親問題はセルフカウンセリングで解決する

本来、人の悩みは全て自分で解決することができます。

毒親問題もそうなんです!

ですが視野が狭くなっている状態だと人は正しい判断ができなくなるので、そのときは無料・有料相談を利用してみてくださいね♪

  • 無料相談は、傷口を消毒する応急処置。
  • 有料相談は、心の毒を全て取り除く手術。

この違いなので、ご自身の状態から選んでいただければと思います!

ひろみさん、感想メッセージをありがとうございました♡

自身と向き合う作業、応援しています♪

 

無料毒親相談の申し込み方・有料との違いは? 重要なお知らせ(2021.1.11更新) 無料相談はYouTube開設により、応募方法が変わりました。 ご相談はこち...

 

ABOUT ME
木村裕子
虐待で育った私が世の毒親問題をめった斬る!30歳まで母の教え「お前は幸せになってはいけない」を守り続けたおバカ。19歳で家出、34歳で親と縁を切るなどを経て現在良好な親子関係に。その経験を生かしてブログ更新中♪ →詳しい生い立ちサイト説明お仕事のご依頼・お問合せ