毒親との戦い方

いつも自分で自分を責めて辛い!自責をやめる方法

あなた
あなた
どうして私はいつもこうなの?なんで出来ないの?私って生きてる価値ないよね。こんな自分なんていなくなればいいのに…!

と、自分で自分を責める「自責」をいつもしてしまって、辛い思いをしている方へ。

もうそれ、やめたくないですか…?

自分を責めずに生きれたら、どんなにラクだろうって思いませんか?

あなた
あなた
やめたいのにやめれないから悩んでるんです。私も出来れば自責したくないんです!

というあなたへ、四六時中自責していた過去を持つ私が克服した方法を教えます!

つい最近まで私も全く同じことを思っていたので、安心してください♡

yuyu
yuyu
誰にでも出来ていますぐ始められる方法を、この1ページで全てお伝えします♪

 

自責をしてしまう根本原因を見つけると解決します

このサイトは心理学を基本としています。

あなたが自分の行動を分析して、「なぜ私はこうしてしまうのか?」とセルフカウンセリングすることで解決してもらうサイトになっています。

そこでこのページに沿って、あなたが自責をしてしまう根本原因を自身で見つけてみてくださいね。

自責をしてしまう根本原因の探り方

そもそも自責という行動は、紐解くと2パターンの心理が働いて起きています。

あなたはどちらのタイプですか?

パターン1:自責はメリットだと思い込んでいる

そもそも人は、自分自身にメリットがあることにしか行動を起こさない生き物です。

例えば自殺も「今の苦しい状況から解放されてラクになれる!」という、間違ったメリットを正しいと錯覚することで、人は行動を起こしてしまいます。

そのため「自責はメリット」だと思い込んでいることが、原因の場合があります。

自責はメリットという人の特徴
  • 常に人と比べて劣っていたら自責しなければならない、と思い込んでいる。
  • 理想の自分になれなかったら自分を責めていい、というマイルールを守っている。
  • 1人では何もできない自分は価値がないから責める必要がある、と自己暗示をかけている。

と、メリットではないのに「私は正しいことをしている!」と思い込んでいます。

自分で作ったマイルール(正義)を守るために、必死に間違ったメリットに従っているんです。

あなた
あなた
私は常に他人と比べて、劣っていたら自分を責めなくちゃいけないルールを守っているの♪だから自責は良いことなんだよね。私って偉いでしょ?

ということを、あなたは無意識にやっています。

よ~~~く現実を見て下さい。冷静になって客観的に自分を見つめてみてください。それってメリットじゃないですよね?目を覚ましてください。

あなたが辛い気持ちになっている時点で、デメリットです。

ではなぜ、デメリットを正しいと勘違いしてしまったのでしょうか?

実はこの場合は、過去に誰かにそれと同じことされた経験が必ずあります。

あなたはすっかり忘れてしまっているかもしれませんが、必ずあります。その過去を探ってください。

例えば、

  • 常に人と比べて劣っていたら自責しなければならない
    →過去に、いつも兄弟で比較されていた。
  • 理想の自分になれなかったら自分を責めていい
    →過去に、親や先生の理想の子供を演じて過ごしていた。
  • 1人では何もできない自分は価値がないから責める必要がある
    →過去に、何でもかんでも親がやってしまう過保護で育った。

という経験が、「自責は正しい=メリット」という思い込みの原因になっています。

あなた
あなた
あのとき信じていた人(親・先生など)がそうしてたから、私もそうしなきゃいけない。

と、他人が作ったルールを今も律儀に守っていることが原因です。そしてそのルールを何年も守った結果、自責は当たり前という習慣になっているのではと思います。

ですが、その思い込みはクセ(無意識の習慣)なので、意識することで変えることができますよ!

yuyu
yuyu
例えば、箸の持ち方を正しくしたいとき、意識して続けるとクセ(無意識の習慣)はそのうち変わりますよね。それと同じです。

この場合はこちらの記事、「辛い過去はいつでもやり直せます。」に従ってセルフカウンセリングを進めてください。

過去に「自責は正しい=メリット」と思い込んでしまった経験がないと、間違いをメリットだと思い込むことはあり得ません。必ずあるので探ってみてください。

 

 

パターン2:自分で自分を無視し続けた結果

人の感情である「辛い・苦しい」は、本音と逆の選択をしたときに出てくるということを、「後悔する自分を変えたい!心理過程を知ると人生は簡単に変わります。」で解説しました。

ざっくりおさらいすると

  1. 人は日々たくさんの選択をしている
  2. その選択肢は、心の声(本音)と脳の声(世間・他人の本音)に分かれる
  3. このとき、脳の声を選択すると人は後悔する
  4. 自分の感情が「辛い・苦しい・悲しい」になったら、間違った選択をしている合図だから、選択をやり直すと解決するよ!

という心理学です。

この心理が腑に落ちると、今回の自責もスルスル~と解決していくので、まだの方は後悔の心理過程を先に読んでから進んでくださいね。

この場合の人が自責をして辛い感情になる理由は、

  • 自分を無視する選択をした結果。
  • 自分で自分を殺し続けた結果が、現実になっているだけ。
  • 心の声ではなく脳の声を選択している。

ということが根本原因になります。

実は、あなたが苦しいのも、幸せになれないのも、依存してしまうのも、死にたいという気持ちになってしまうのも、全部自分が自分を無視した結果なんです。

そこでその場合は、「人生は自作自演!いまを変えたいときの対処法」にある内容に従ってせフルカウンセリングを進めてみてください。

 



おわりに

自分で自分を責めている人は、現実を正しく見れていないことが原因です。

ちょっとキツイ言い方になりますが、現実や自分自身から逃げていることになります。

その逃げている自分を自分で責めている。これが自責の正体です!

あなた
あなた
ねぇ、もう逃げないでよ。そろそろちゃんと現実を見ようよ。私は何も悪くないよ。どうして私は私を責めるの…!?

と、自分で自分にSOSを出していることに気付いてください。

「助けて!」と伝えている自分から逃げずに向き合ったとき、あなたは一気に変わりますよ♪

今のあなたと同じ、「趣味は自責です♡」という過去を持つ私が、それを証明します。

あなたが「死にたい」と思う原理と対処法【すごい心理学】「死にたい」気持ちをどうにかしたくて、このページに辿り着いたあなたへ。 自殺をする前に、10分だけこのページを読んで下さい♪ ...

ABOUT ME
yuyu
虐待で育った私が世の毒親問題をめった斬る!30歳まで母の教え「お前は幸せになってはいけない」を守り続けたおバカ。19歳で家出、34歳で親と縁を切るなどを経て現在良好な親子関係に。その経験を生かしてブログ更新中♪ →詳しい生い立ちサイト説明お仕事のご依頼・お問合せ

コメント投稿はこちら